コンラッド東京(東京都港区汐留、総支配人 グレゴール・アンドレーウィッチ)はコンラッド・ホテルズ&リゾーツと共同で、2012年11月16日(金)、各業界のエグゼクティブの方々にお集まりいただき、“Art(アート) & Luxury(ラグジュアリー) with(ウィズ) Conrad(コンラッド)”を開催しました。

TOKYO - コンラッド東京(東京都港区汐留、総支配人 グレゴール・アンドレーウィッチ)はコンラッド・ホテルズ&リゾーツと共同で、2012年11月16日(金)、各業界のエグゼクティブの方々にお集まりいただき、"Art(アート) & Luxury(ラグジュアリー) with(ウィズ) Conrad(コンラッド)"を開催しました。コンラッド東京のアートコレクションやその他気鋭のアーティストの作品、ミシュランの星に輝くシェフたちがアートの発想から創り出すクリエイティブなお料理やライブパフォーマンスなどを、160人ものゲストに満喫いただきました。

コンラッド東京には、眼前に広がる浜離宮恩賜庭園の景色と呼応するよう、「自然への憧憬」をテーマに、コンラッド東京の立地やコンセプトを鑑みて独自に創作されたアートがホテル内各所に配されています。空間はもちろん時間によって変わる光の移ろいなども緻密に計算しつくされた作品の面々。日本の現代美術のフィールドで活躍するアーティストによって当ホテルのために制作された作品の数々は、日本の伝統技法にモダンなエッセンスを加味することで、ホテルの要所に彩りを添えています。

今回の "Art & Luxury with Conrad"では、ホテルの代表的なアートが作家たちのどういう思いや目的、工夫がなされてそこに配されているかを紐解くアートツアーを実施。開業時にアートの選出の中心となった株式会社TAKプロパティ アートプロデューサー村井久美氏による各作品の解説は、ゲストのアートへの理解を深め、ホテルに流れる格調高い象徴的な時間を改めて感じていただきました。

「コンラッドホテルにおいて、それぞれの土地に根付いたアートとは、ゲストとそれぞれの土地をつなぎ、スタイルのある空間を作り出す役割がある」とコンラッド・ホテルズ&リゾーツ ラグジュアリーマーケティング担当副社長のスチュアート・フォスターは話します。

イベントには、ホテル1Fロビーの目を引く赤いオブジェ"Purification"(日本語で「浄化」という意)の作者 田中信行氏も参加。お客様の心を"浄化"し安らぎを与えられれば、という思いを作家の生の声でゲストに届けました。コンラッド東京総支配人グレゴール・アンドレーウィッチは「コンラッド東京の中には、日本という土地ならではの特徴である自然美と伝統を、繊細な心遣いとおもてなしの気持ちとして各所に表現しています。空間から次の空間へと切り替わる部分には、昔から場面が変わる場所で境界線のシンボルといわれた"黒門"を表現。またホテルで最も目を引く、篠田桃紅氏による作品"人よ"は、墨絵と伝統的な銀箔を使用する技法で構成され、28Fホテルロビーという誇り高き場所にたたずんでいます」と述べます。

ディナーレセプションは東京湾とレインボーブリッジの夜景を臨む中国料理「チャイナブルー」で開催しました。総料理長 ホセ・サンチェスを始めとし、コンラッド東京が誇る3つのレストランのシェフが登場。シェフ・ド・キュイジーヌの前田慎也(「ゴードン・ラムゼイ at コンラッド東京」)、料理長 アルバート・ツェ(中国料理「チャイナブルー」)、料理長 稲葉正信(日本料理「風花」)がコンラッド東京のアートに着想を得て表現する個性溢れる料理のプレゼンテーションは、イベントを華やかに彩りました。

また、会場には今井俊介氏や矢津吉隆氏、門田光雅氏など気鋭のアーティストの作品を展示。現代アートとチャイナブルーのモダンな設え、窓に広がる絶景がアーティスティックな空間を創出しました。「その土地の文化を大切にし、モダンに表現する」という、コンラッド・ホテルズ&リゾーツの哲学と共通項をもつ、水墨画家 土屋秋恆氏のライブパフォーマンスも行われ、ディナー会場はさらに盛り上がりました。

イベントは、ポルシェ、MHDディアジオ・モエ・ヘネシー、ANAとBang & Olufsenの協賛で行われました。また、ラッキードローは香港、マカオ、シンガポールの他今月ソウルにオープンしたコンラッドホテルの提供で行われました。

お問い合わせ:
コンラッド東京 マーケティング コミュニケーションズ
粉川(こがわ)、飯塚
TEL: 03-6388-8500 / FAX: 03-6388-8244
E-mail: PR.conradtokyo@conradhotels.com

■ コンラッド東京について

銀座からほど近い汐留に位置し、浜離宮恩賜庭園、レインボーブリッジ、東京湾のパノラマビューを見渡す、和のモダンデザインがコンセプトのコンラッド東京。スタンダードルームでも都内最大級の48㎡を誇る広々とした290の客室、活気溢れる4つのレストランとバー&ラウンジ、最新鋭の設備を備える大・中・小の宴会施設、スパ、プール、フィットネスが備わった、1400㎡の面積を有する「水月スパ&フィットネス」などの充実した施設を用意しています。2012年『ミシュランガイド東京・横浜・湘南2013』にて、モダンフレンチ「ゴードン・ラムゼイ at コンラッド東京」(5年連続)、中国料理「チャイナブルー」(6年連続)がそれぞれ一ツ星を獲得、ホテル部門でも6年連続で最高の5レッドパビリオンを獲得しました。2013年には『コンデナスト・トラベラー』「ゴールド・リスト2013」に、『トリップ・アドバイザー』でも日本の「トップ25ホテルズ」、「トップ25ラグジュアリーホテルズ」に選ばれています。コンラッド東京に関する詳細はwww.ConradTokyo.co.jpをご覧ください。

また、フェイスブックwww.facebook.com/conradtokyoやツイッターwww.twitter.com/conradtokyo でも情報を配信しています。

■ コンラッド・ホテルズ&リゾーツについて
コンラッド・ホテルズ&リゾーツはヒルトン・ワールドワイドによる世界的な高級ブランドであり、モダンで洗練された旅行者に選ばれております。個人に重点を置くことで、コンラッドはお客様に本物かつお客様のためだけの経験、スタイルのある世界、サービス、コネクションをご提供いたします。各コンラッドはその都市の文化を力強く反映しており、人目を引くデザインと独特な環境を示すショーケースでもあります。コンラッドは五大陸に亘って、世界の玄関口となる都市や人気リゾート地で、お客様に「自分のままでいられる贅沢」を楽しんでいただけるよう努めています。コンラッドについての詳細はhttp://www.conradhotels.com をご覧下さい。 コンラッド・ホテルズ&リゾーツは、ヒルトン・ワールドワイドのマーケットをリードする10ブランドの一つです。

Conrad Tokyo »